がんになっても安心な社会をめざして、がん体験者とサポーターが歩く、発信する Cancer Survivor Walk Aichi-Nagoya

新着記事

最新情報

第2回 「We Ca!!」がんを知る・集う・歩く           
(旧・がんサバイバー・ウォーク)              

2016年10月2日(日)11:00~15:30
主催:NPO法人ミーネット
共催:名古屋市

後援:厚生労働省 愛知県 など
対象:どなたでもご参加いただけます 参加費:無料

約450名のご参加をいただき、盛会のうちに終了しました!!

 
当日の模様はこちらから
 
 


第2回 第3回 がんサバイバー・ウォーク in 愛知・名古屋    
2015年10月31日(土)13:00~15:30
主催:Cancers Action2015実行委員会
  (代表 NPO法人ミーネット)
後援:厚生労働省 愛知県 名古屋市など
対象:がん患者・家族、ピアサポーター、医療関係者、
一般市民、諸団体等300名程度

がんになっても自分らしく、安心して暮らせる社会を実現するため、全ての人々が「がん」を正しく知り、社会全体でがんサバイバーを支える仕組みづくりを目指します。ウォークのゴール、若宮広場では各種イベントを展開。OS☆U、よしかねたくろうさんのステージ。スーパー・サバイバーの軌跡をご紹介する「がんサバイバー展」も開催します!
約300名のご参加により、盛会のうちに終了しました!!


第2回 第2回 がんサバイバー・ウォーク in 愛知・名古屋    
2014年11月15日(土)13:00~15:30
主催:Cancers Action2014実行委員会
(代表 NPO法人ミーネット)
後援:厚生労働省 愛知県 名古屋市など
日時:平成26年11月15日(土)13:00~15:30
対象:がん患者・家族、ピアサポーター、医療関係者、
一般市民、諸団体等300名程度

約300名のご参加により、盛会のうちに終了しました!!

当日の模様はこちらから

We Can!! がんを 知る 集う 歩く

がんサバイバーシップ(Survivor Ship)とは

がん体験者が、生活していく上で生じる問題や課題を、家族や医療関係者、がんを体験した同じ立場の人たちと、支え合いながら共に乗りこえていくこと。がんサバイバーシップの概念が社会全体に浸透していくことが、いま強く求められています。

がんサバイバーシップを普及啓発

OSUと歩こう!国民の2人に1人が「がん」にかかる時代。いまや「がん」は誰がかかってもおかしくない病気です。けれども、がんに対する誤解や偏見が、がん体験者に社会的な痛みを与えることもまだまだ少なくありません。
第二次がん対策推進基本計画の全体テーマでもある、「がんになっても安心して暮らせる社会」をつくるためには、すべての「がん」を正しく知り、がんにかかった人を社会全体で支える仕組みが必要です。がんサバイバー・ウォークは、がん体験者や医療者が中心となって、幅広い年代の市民に愛されるまち「大須」が生んだアイドルグループ「OS☆U」と一緒に歩き、がんへの正しい理解と「がんサバイバーシップ」の普及推進を呼びかけるウォークです。
※詳しくはこちら
※お申し込みはこちら

サバイバーウォークに参加しよう!!

ウォークの概要 秋空のもと、幅広い年代の市民に愛されるまち「大須」から、にぎやかな栄の街並みを歩き、ゴールの若宮広場でコンサートを楽しみます。

ウォークの概要

参加するには 個人、あるいはチーム、どちらでも参加できます。フルコース・ハーフコースも選択できます。無理なく楽しくあるけることが大切です。

参加するには

ピアサポーターのメッセージ 自身のがん体験を生かして、がんになった人をサポートするのが「ピアサポーター」。がんのピアサポーターから皆さんへの一言です。

ピアサポーターのメッセージ

Copyright(c) 2013 Cancers Action実行委員会 All Rights Reserved. Design by Cloud template
Plugin creado por AcIDc00L: noticias juegos
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: posicionamiento web